ソプラノアイスプラチナムって硬毛化って起こりますか?

ソプラノアイスプラチナムは最新の医療脱毛機で脱毛時の痛みのリスクを抑えたり、産毛、濃い毛にも対応できる、他にも日焼け肌や色黒も脱毛可能と従来のレーザー脱毛よりはるかに性能が高いのでユーザーにとって人気の高い脱毛機ですが、いっぽうで気になるのがその副作用のリスクです。

よく検索されているのは 硬毛化の現象です。

さて今回はソプラノアイスプラチナムは硬毛化おこるのかについてかいていこうかと思います。

ソプラノアイスプラチナムは硬毛化おこりうる

これはソプラノアイスプラチナムうんぬんよりレーザー脱毛でする際におこる現象の一つです。

よってすべてのレーザー脱毛機は硬毛化はおこりえます。

硬毛化は多毛化・増毛化とも呼ばれますが産毛や薄い毛におこりやすく普段生えてきていない毛穴が活性化されてムダ毛が逆に目立つようになり硬毛化が起こってしまいます。

部位はもみあげ、 うなじ、 背中、 肩、 上腕外側などが確率が高いそうです。

ただもし硬毛化が起こったとしてもクリニックよってはダブルパスや冷却短縮によって対応をすることで毛は減っていきます。

ソプラノアイスプラチナムは硬毛化による現象を抑えることは可能

そもそもソプラノアイスプラチナムは蓄熱式脱毛機なので従来の脱毛機よりは硬毛化によるリスクが低いです。

ただ100%問題ないということはいえませんが少なくとも硬毛化が気になるのであればソプラノアイスプラチナムを脱毛をした方がまだリスクを抑えれるかと思います。

蓄熱式とは

蓄熱式は毛乳頭や毛母細胞の毛をはやせ!と指令しているバルジ領域という部分のレーザーの熱で破壊します。

バルジ領域は弱い熱もでも十分破壊出来ることから痛みを感じにくくなっていますね。

硬毛化した場合どうなるのか予めクリニックに聞いておくこと

硬毛化場合の対処法として予めクリニックに相談しておきましょう。

なかには保証制度があり無料で治療してくれるケースがあるからです。